趣味のPCソフト&ワードプレス・etc覚書

ツイッター投稿用プラグインWordTwitを入れてみた。

今更ながら、ツイッターを始めたが放置状態なにかいい方法がないかと

思いワードプレスの記事と連動してツイートできないかと探してみました。

そこで WordTwit というプラグインを見つけたので早速使ってみました。

プラグインの新規から WordTwit を検索してインストルしました。

WordPressの[設定]から[WordTwit]を開き、短縮URL、Twitterアカウント、発言の設定をします。

短縮 URL Shortening  の設定は、Bit.lyなどは専用のアカウントが必要になるようなので、認証の必要がないTinyurl(デフォルト)のままです。

次にSign in with twitter からツイッターへサインイン、

サインインできたら、アプリケーションの認証画面に移るので、[許可する]を押してください。

プラグインの設定ページに戻されるので、自分のアカウントが表示されていることを確認してください。

表示されていればTwitterアカウントの設定は完了です。

発言の設定

[title]はページタイトルです。

[link]は先ほど設定した短縮URLになります。

自由に組み合わせて発言を編集してください。

ツイートされる内容は投稿画面で確認が可能です。

私は「[title] | 趣味のPC&ホームページ覚書 [link]」にして使用しています。

以上で設定は完了です。

気をつける箇所はTwitterアカウントの設定のみで、他はスムーズにいけました。

WordTwit

テスト投稿はうまくいったがこの投稿はどうかな?

合わせて読みたい記事:

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

feedlyで購読

follow us in feedly

アーカイブ