趣味のPCソフト&ワードプレス・etc覚書

固定ページPageと投稿Postを入れ替えが出来るプラグインPost Type Switcher

固定ページPageと投稿Postを入れ替えが出来るプラグインPost Type Switcher

WordPressでブログ記事を書き終わった後に、構成を変更したい時があります。

幾つかの記事を投稿としてアップしたものを一つのジャンルにまとめて固定ページで表示させたい事や、反対に固定ページを記事に変更したい時がありました。

そんなことで、投稿記事から固定ページに変換したり、固定ページから投稿ページに変更する方法を探してみました。

探してみれば色々ありますが、自分としては一番使いやすかったのプラグインがPost Type Switcherでした。

このプラグインは、投稿や固定ページの編集画面で投稿タイプを切り替えることができます。

たくさんの投稿タイプを変換する必要がある時はpTypeConverterのように一覧表示から選んで一括変換できるといいと思いますが、実際にはそんなにしょっちゅうあるものでもないと思います。

変換したいとしてもせいぜい数記事程度くらいまでかと思うので、Post Type Switcherの機能で十分、使いやすいと思っています。

以下、簡単なインストール手順と使い方です。

Post Type Switcherのインストール

post type swtcher

WordPressダッシュボードのプラグイン>新規追加 でPost Type Switcherと入力・検索し、該当するプラグインをインストール・有効化します。

あるいは以下のリンクからプラグインファイルをダウンロードし、ダッシュボードのプラグイン新規追加からアップロードします。

→ Post Type Switcherのダウンロード

Post Type Switcherの使い方

インストールと有効化が完了したら、投稿タイプの変更をしたい記事(ポスト)や固定ページの編集画面を開きます。

右上にある「公開」エリアにPost Typeという欄が表示されているので、「編集」をクリックします。

post type swtcher

表示されたドロップダウンの中から切り替えたい投稿タイプを選んでOKをクリックします。あとは更新ボタンを押すだけ^^

post type swtcher 2

説明するまでもないくらい簡単ですね^^; 投稿タイプの変換ができるPost Type Switcherのご紹介でした。


スポンサード リンク


合わせて読みたい記事:

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

feedlyで購読

follow us in feedly

アーカイブ