趣味のPCソフト&ワードプレス・etc覚書

Windows 10の大型アップデート「Creators Update」で失敗

Windows 10の大型アップデート「Creators Update」

 

Parallels Desktop 12 で Boot Camp の Windows 10「Creators Update」を行うと起動できなくなった。

リカバリーからも復旧できず、かなりショックでした。

OSXのセキュリティのためBoot CampのMRBの書き換えがうまくいかないみたいです。(多分?)

自分はこれで失敗した。

そこで、winclone でバックアップからBoot campに元のwindows10を戻しBoot campからWindows10のUpdateを行った。

最近wincloneでBoot campのバックアップを取っていなかったので1年前のWindows10に戻ってしまった。(泣)それでもアプリケーションなどのインストールがかなり少なくなるので良いかなと・・・

これからはバージョンアップ前にバックアップを、取ることを心がけたいと思います。

そして、Update後にBootCampから起動するとネットが繋がらなくたった。

Windows10上で色々やったが上手くいかず・・・

その為、試しに再起動してBoot camp Diskの選択のところでネットワークを選択してから起動すると上手くネットに繋がりました。

その後、OSXのParallels Desktop 12からWindouws10を起動するもうまくいかないので、一旦Parallels Desktop 12のBoot campを削除して、再度Boot Campをインストールしたら上手く起動しました。

Parallels Desktop 12が正式にWindows 10「Creators Update」対応するまでアップデートは控えたほうが懸命かもしれませんが・・・

windows10がうまく動いているうちにwincloneでBoot campのバックアップを取りました。

自分は、バックアップした日の名前で保存します。

 

バックアップ完了

 

Sponsor Link

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

合わせて読みたい記事:

No tags for this post.

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

feedlyで購読

follow us in feedly

アーカイブ