趣味のPCソフト&ワードプレス・etc覚書

BOOTCAMPでWindows8をインストールした覚え書き

BOOTCAMPでWindows8をインストールした覚え書き

BOOTCAMPでWindows8をインストールするにはWindows8のISOイメージファイルが必要とある。Mac Book Proには無線LANとUSB×2 サンダーボルト×2しかないDVDドライブがないのだ。

Windowsマシーンで作ってもいいが面倒くさいので、Parallelsの仮想環境へのWindows8で昨年の12月にマイクロソフトのオンラインで購入したアップデート版のWindouws8をダウンロード

Windows8

Windows8のインストールでメディアを作ってインストールを選択

Windows8のインストール

使うメディアにISOファイルを選択

メディアの選択

ISOファイルをMyDocumentに保存しておく

Windows8のISOファイル

USBメモリを用意しておいて、BOOTCCAMPを実行しWindowsインストール用の起動可能なUSBドライブを作成でWindows.isoファイル選択

Windows起動ディスク

ドライブは消去されますで、続ける。

ドライブは消去ざれます

Windowsファイルのコピーが始まった。

Windowsファイルのコピー

続いてWindows用のドライバー類がコピーされてWindouws8のインストールが始まりました。

スムーズにインストールが進みましたが最終処理の処で止まったまま15分くらい待ちましたが進みません。再起動もしない、今回も失敗か?と思いWindowsインストール用USBメモリを引き抜いたところ再起動がかかりインストールが進みました。再起動後再びWindowsインストール用USBメモリを挿入しそのままインストールが完了。

その後、BOOTCCAMPのインストール画面へ

BOOTCAMPのインストール画面

そして、NVIDIA Driverがインストール

NVIDIA Driverがインストール

そして、BOOTCCAMPのインストール

BOOTCCAMPのインストール

WindowsのコントロールパネルでBOOTCAMPの確認

BOOTCAMPの確認

BOOTCAMPでの起動ディスクの選択画面

BOOTCAMPでの起動ディスクの選択画面

再起動しブートキャンプでのWindows8か無事に起動一安心。

WindowsからMacに変えるには、下のバーのBOOTCAMPで選択するか、コントロールパネルでBOOTCAMPでMacのDiskを選択再起動する。

WindowsからMacへ

これで、ようやくWindows8でMacのi7CPUとメモリ16Gがフルに活用できるか・・・

Windows8でのCPUとメモリのパフォーマンスの評価が仮想マシンより若干上がりましたが、ハードディスの評価はなぜか下がった。

Windows8のパフォーマンスの評価

合わせて読みたい記事:

コメントはまだありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

スポンサードリンク

feedlyで購読

follow us in feedly

アーカイブ